[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2005年07月08日

福島競馬の怪現象

あさっての日曜日、福島競馬場に行きます。7月の福島競馬場は17年ぶり。
梅雨どきの福島は雨不良馬場でなおさら荒れる。馬券がさらに難しい。それといやな思い出があってなかなか行く気になれなかった。

17年前の昭和63年7月15日(金)
私は仕事で東京から福島県会津若松市に向かった。だが、到着する前から仕事のことなんてどうでもよかった。なぜなら、あさっての福島競馬で、この日出たボーナスを増やすことで頭がいっぱいだったからだ。磐越西線から見える磐梯山、この日はあの大噴火から100年目の日。電車から感慨深げに山を眺めながら、競馬に思いを馳せていた。仕事は求人で高校のあいさつ回り、なんの苦労も無い仕事だ。この学校回りは、ボーナスの出る日と福島競馬にあわせた私の目論見だった。

7月16日(土)
福島市入り。この日も市内の高校を回ってあいさつ回り。先生から名刺をもらっただけで、顔なんて校門出たら忘れていた。別に回ったことにして、福島競馬場に行ってもよかったが、何かあるとマズイと思い、競馬に行くのは止めにした。結局、形だけの仕事をして、夕方に銀行に寄ってボーナスの中から40万円を下ろし、夜はどこにも出かけないで、宿で競馬予想した。

7月17日(日)
天候曇り、福島競馬場は前日の雨もあって不良馬場(馬場改修前はとにかくひどい馬場だった)。
このころの私は、まだ何も考えずに1Rから勝負だった。持ってきた40万円を倍にして帰ろう、トータル2倍にすればOK。どこかで当たればプラマイ0(ゼロ)で帰れると安易に考えていた。

今から思うとほんと甘い考えだった。そんなこともあってかどうか、1Rからぜんぜん当たらなかった。一レースに2万から4万円。増えるはずのボーナスは見る見る減って行った。
本命狙いで枠連1点ないし2点勝負。荒れる福島のはずが、どのレースも1番人気が好走。配当も百円台。本命狙いだったが、なぜか自分の買い目を避けて決まっていった。

最終レースに来た時、軍資金は8万円まで減っていた。
12Rは1番人気セブンアイリスで軸は堅そうだった。ここまで来たら全滅したも同じ。少しだけでも挽回できればしめたものと、2番人気馬と3番人気馬の枠へ、枠連2万円ずつ買うことにした。

レースはセブンアイリスが1着に、3番人気のミスカルメンが2着に粘ったおかげで馬券の全滅だけは免れた。
1988年2回福島2日目12R

あんなに意気込んで来たのにこのザマ。帰りは減った分の20万をあれやこれやに遣えばよかったなーと考えたりして落ち込んだ。
泥んこ馬場で大外をヨレヨレで走ってくる馬。真っ黒になって帰ってくる騎手。バシャバシャというだけで響かない蹄の音。こんなレースを12も見たら、何もかも嫌になってしまった。

「福島競馬にはもうこねーよ」

この日、1番人気馬は8−2−2−0と着外なしの怪現象。
1R 1着
2R 1着
3R 1着
4R 3着
5R 1着
6R 1着
7R 1着
8R 2着
9R 1着
10R 3着
11R 2着
12R 1着
不良馬場、荒れる福島が、12R中9Rで3ケタ配当、最高配当は1番人気が3着に敗れた10Rの2,150円だった。


17年前、二度と来るか思った7月の福島競馬場。
あの時の古いスタンドも、たんぼのようなひどい馬場も今は見ることができませんが、雨だけは降らないのを祈りたいです。



posted by 新マネー競馬 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬身上書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。