[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年02月27日

ミッキーの馬券

ミッキー有終 阪急杯V&1400勝(スポニチから)

ミッキーが劇的有終Vだ。「第50回阪急杯」が26日、阪神競馬場で行われ、来月から調教師に転身する松永幹夫(38)がブルーショットガンで優勝。ラスト騎乗となった阪神12Rでは史上12人目のJRA通算1400勝(1万2416戦目)を達成し、ターフに別れを告げた。

騎手生活最後の日に、大敗続きの11番人気ブルーショットガンで重賞制覇。胸のすくような追い込みで大どんでん返しを演じた。「びっくりしましたね。あんなに走ってくれるなんて。競馬の神様が降りてきてくれたんでしょうか」。松永も思わず「神様」の後押しと思うしかない劇画のような結末だ。

デビュー20年間のすべてを込めるようなすさまじいステッキさばきだった。「道悪下手だから」と陣営が苦戦を覚悟していた騎乗馬が不良馬場にもノメることなく、鞍上の気迫に押されて猛然と差を詰める。外に進路を取ると、ターフの神様がVゴールへ手招きするように進路が開いた。スタンドから聞こえてきた「ミッキー!」の絶叫とともに半馬身突き抜けていた。
(スポニチ)


それにしても、こんなにうまくいくもんかね、同じ引退する天間昭一騎手は最終騎乗はブービーだよ。実績が違うと言ってしまえばそれだけかもしれないが、あまりにも出来過ぎだ。過去の名ジョッキーでも勝って引退はそんなにない。徳吉騎手(父の方)はたしか失格だった気がする。
私はあまりミッキーの馬券は買わない方だった。最近でも97年ローズSのキョウエイマーチまでいかないとない。買った馬券で一番の思い出は、ミッキー初G1制覇となった91年オークスのイソノルーブル。

第52回優駿牝馬(G1)
1991年5月19日(日)

1着 イソノルーブル 4番人気
牝4 松永幹夫 2.27.8 01-01-01-01 35.6 55.0 440(+6)
2着 シスタートウショウ 1番人気
牝4 角田晃一 2.27.8 ハナ 17-18-18-15 34.6 55.0 466(+6)

このオークス、シスタートウショウが単勝2.1倍で断然の1番人気、イソノルーブルは単勝12.1倍と離れた4番人気だった。私は逃げるイソノルーブルに絡んで行きそうなのが人気薄ばかりで、その脚も強力でなかったのでマイペースで行けるはず。一方、シスタートウショウは強力な末脚で、最後必ず追い込んで来るとみていた。本命はイソノルーブルで、逃げ切りに期待していた。

レースは思っていた展開になり、直線早めにスパートしたイソノルーブルに、一完歩ずつ差を詰めて来たシスタートウショウが並んだところがゴールだった。結果は写真判定の末、ハナ差でイソノルーブルが勝った。


牝馬の松永と言われたミッキーは牡馬の方ではG1制覇が無い。デビューのころはまだまだベテラン騎手健在で牡馬になるといい馬がなかなか回ってこなかったような気がする。それと私はあまり牝馬の馬券を買わないから、必然的にミッキー馬券は少なくなってしまった。

イソノルーブルの逃げ切りを見た時、この騎手はこれからもっと活躍するなと直感したが、見事に1400も勝って見せた。今度は調教師としていい馬を送り込んで来ることを楽しみにしている。

マネーパートナーズ
競馬ランキング


posted by 新マネー競馬 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。