[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年03月30日

こずみに神経質になるのは愚の骨頂である

“こずみ”にこだわるのは素人の証拠
(「言えなかった競馬の本」第1章、生半可な馬知識は大バカをみる<パドック編>から抜粋要約)

「この馬はこずみがでていますねぇ。いらないでしょう」
競馬解説者がよく話す言葉だが「こずんでいるからいらない」とはとんでもない誤解である。「こずみ」とは、人間でたとえれば、肩こり程度の問題だ。こずみは返し馬のウォーミングアップで簡単にほぐれるものだし、こずみがくるくらい激しい稽古をしないとサラブレットは能力がでない、という基本的なところを忘れて物を言っているとしか思えない。


現役のころ小野定夫という騎手がいた。
ある日、見るからにゴツゴツしてつまづいて転びそうなほどこずみのひどい馬に乗っていた。
ぼくは、「あぶねえから、返し馬よくやっとけよ」といい、スタートまで休んでいた。
小野騎手は丹念に返し馬で、こずみをほぐそうと努力中だ。キャンターやってダクやってもまだほぐれない。
「お前気をつけろよ!ころばれっと、ころんで死ぬお前はいいけど、オレがひっかかると困るからなぁ」

レースはなんてことない。小野騎手はハナを切って楽勝だ。レース後の検量は大笑いである。
「あんなぶっこわれ自動車みたいのにハナ切られて勝たれちゃどうしようもないなぁ」

「言えなかった競馬の本」(昭和58年青春出版社、絶版)
著者、元中央競馬騎手、故渡辺正人氏


posted by 新マネー競馬 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 「言えなかった競馬の本」より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。