[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年10月03日

インパクトを地元紙評価

決戦から一夜明けた2日、競馬専門紙「パリチュルフ」は、凱旋門賞の結果を1面で掲載。3着に敗れたディープインパクトのレースぶりを紹介した。優勝したレイルリンクのファーブル師は、同紙の取材でインパクトについて聞かれ「彼は非常に偉大な馬。アスコットで(キングジョージで3着に好走したハーツクライ)日本馬の能力の高さを知っていたし、警戒していた」と話している。

日本最強馬に対する現地記者の反応はさまざま。93年の凱旋門賞を勝ったアーバンシーを管理し、現在は「パリチュルフ」解説委員をつとめるジャン・レボード氏は「ディープは今回の凱旋門賞に大きな価値を与えてくれたと思う。3着だったがシロッコ、ハリケーンランには勝っており、やはり能力はある。個人的には(ディープの)価値が下がるとは思っていない。近いうちに日本馬が凱旋門賞を勝つ可能性は高い」と賛辞を送った。

また同紙のジェラード・シェビニー氏も「結果的にディープをマークしたレイルリンクが勝った。勝ち馬のレベルがどうなのかという疑問はあるが、強豪に先着したことでディープのレベルの高さは示せた」と健闘をたたえた。だが、その一方で「ヨーロッパは結果がすべて。ペースメーカーを出さずに、遅い流れをつくり出すことに成功したファーブル(調教師)のタクティクスが勝ったということ」と名将を称賛した。
(日刊スポーツ)

フジテレビの番組でロンシャン競馬場で生観戦したタレント、若槻千夏
「結果は残念だったけど、お疲れ様といいたいです。私自身は生で現場を見て、鳥肌が立つほど凄い興奮を味わいました。この時代に競馬という仕事に携われて、ディープに出会えて光栄です」
(サンスポ)

NEW『馬券の女王』 ⇒競馬ランキング

英紙がインパクトのローテを批判


posted by 新マネー競馬 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。