[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年12月25日

ディープ引退の真相

インパクト夕闇の中5万人引退式

去りゆくヒーローに5万人が名残を惜しんだ。ディープインパクトは全レース終了後、パートナー武豊騎手とともに引退式に臨み、競馬場で走る最後の雄姿を披露した。引退を惜しむファンの心を今更ながら知った金子真人オーナー(61)はこれまで封印していた「真相」に初めて触れ、苦渋の胸中を明かした。

ファンのほとばしる思いが詰まった引退式を熱い心で見終えた金子オーナーは、これまで明らかにしなかった引退の真相を口にした。
「3冠を取ったぐらいから、来年1年無事に走ったら引退させないといけない、と…。ホースマンとして無事に種馬にさせたいと思っていた。ワンマンオーナーが勝手に引退を決めた、と言われたが、苦渋の決断だった。日本の競馬サークルにもっと重大な使命があると考えて決めた」。

 薬物問題で失格となった凱旋門賞についても初めて口を開いた。
「あそこは我慢のしどころだと思った。これまでいいことがあったんだし、(ほかの)人のせいにしたらいかん、と。オーナーの不徳の致すところ、それをのみ込んでいこうと思った」。
 まだ早い−、凱旋門賞のリベンジをするべき−。さまざまな声も聞こえてきた。が、オーナーは言う。「今の気持ちは、ふぬけになったような、悲しいような、寂しいような。でも、あと1年間走りを見守るには、私のハートは小さすぎた」。
(日刊スポーツ)


posted by 新マネー競馬 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。