[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2005年03月10日

岡部騎手と馬券(その1)

岡部騎手が引退することになった。岡部騎手には馬券で大変お世話になった。たくさん儲けさせてもらったし、痛い目にもあわされた。そんな馬券の思い出を少々。

平成4年、夏のボーナスを元手に新潟競馬。先週、運良く90万円儲けた私は、翌週も30万円を持ってWINS後楽園へ。
なにせ、元々競馬で取った金なので、損したってOKな感覚で気が大きく10万円1点勝負を決め込んでいた。勝負の狙いは9Rの三面川特別。前年も岡部騎手で獲っているゲンのいいレースだ。

予想は逃げるミュゲルージュ(中舘)、そして1番人気のアジル(岡部騎手)。この2頭の枠連3−5に人生初の10万円1点勝負。
レースはミュゲルージュが軽快に逃げ、レガシーワールド(未勝利を勝ち上がったばかりで、後にジャパンカップ制覇)が2番手でそのまま直線。アジルが徐々に追い込むも、あと100になってもレガシーとの差は2馬身、もうダメと思った瞬間、アジルが二の足を使ってレガシーと並んでゴール。負けたと思ったので写真判定が長く感じた。

1992年7月25日(土)三面川特別
馬連にしておけばもっと儲かったのに、アホですね。このころは岡部騎手から買っていれば大丈夫と思っていたころ。一方、現在では考えてもみないアンチ武豊だった。


posted by 新マネー競馬 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬身上書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。