[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2007年12月05日

「利口なハンス」

20世紀初めに「利口なハンス」と呼ばれた馬がいた…

 20世紀初めに「利口なハンス」と呼ばれた馬がいた。この訓練された馬は前脚で床をたたく回数や、頭の動きで数字やアルファベットを表現し、四則計算はおろか分数と小数の変換や、日付や時刻も答えられたのだ。何かのトリックが疑われたのは当然である▲だがハンスは飼い主のいないところで、トリックを疑う人の質問にも答えられた。科学者による調査委員会までが「トリックはない」と結論し、ハンスの知性は裏付けられたかにみえた。だがほどなく馬に計算能力はなかったことが実験で判明する▲実はハンスは床をたたく際、質問者が正解の時に示す無意識のわずかな態度の変化を読んで足を止めていたのだ。何も飼い主がそう訓練したのではなく、正解でもらえるエサ欲しさに独習した技に飼い主もだまされていたのである(安斎育郎著「だます心 だまされる心」岩波新書)…

(毎日新聞 2007年12月5日東京朝刊より)

私も毎週、ハンスにだまされていますw。
今週もたくさんのハンスが競馬場を走ります。
posted by 新マネー競馬 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。