[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年10月16日

週刊誌、競馬記事チェック

コンビニ立ち読みでどうぞ本

週刊ポスト(10・27号) 本日発売
実力主義の競争では負けても納得できる努力をしたかどうかが大事
岡部幸雄、著書「勝負勘

読売ウィークリー(10・29号) 本日発売
石橋守−「菊花賞」で三冠へと挑むベテラン騎手
騎手・石橋守、メイショウサムソン、皐月賞


売れる競馬ホームページ制作アイキュー


posted by 新マネー競馬 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

場内暴行事件の“ドロドロ遺恨”【再掲】

週刊大衆(6・12号)

中央競馬のクリーンイメージに黄色信号exclamation&question
G1ジョッキーVS調教師
場内暴行事件の“ドロドロ遺恨”

(本文より抜粋)
事件は5月14日、東京競馬場。新設されたG1ヴィクトリアマイルのレース直後に衆人環視の検量室で起きた。
「同レースに管理馬オーゴンサンデーを出走させていた谷原義明調教師(57)が、同馬に騎乗した後藤浩輝騎手(32)を、固く丸めたレーシングプログラムで頭や背中を殴打したとして、JRAから過怠金10万円を課せられたんです」(スポーツ紙競馬担当記者)

・・・・・(中文)

場内で起こった、まさかの事態。それこそ殴り合いに発展しても、おかしくない状況だったのだ。

だが、競馬界の大物2人が寸前で両者の間に入り、仲裁したことによって、惨事は避けられたという。
「ひとりは、あるベテラン調教師で、もうひとりは、あの●●騎手だったんです。当初、JRAの係員は、あらぬことか、喧嘩を放っておいたんですよ。それに●●騎手は怒ったわけです」(JRA関係者)

現場に居合わせた関係者によると、「●●騎手は、調教師が騎手を殴るなんて異常事態を野放しにされたんじゃ、僕らは安心して騎乗できない。なんらかの処置をしないと、来週から僕は乗りませんと、係員に詰め寄った」という。 

・・・・・(中文)

超一流ジョッキーをも巻き込んだ今回の騒動。だが、一部からは「起こるべくして起きた」との声も聞こえてくる・・・・

・・・・・(中文)

「今回の事件で一番怒ったのが、・・・・・ 馬主でもある○○○○氏」

・・・・・

競馬ランキング
(※●●本誌には実名が出ています)

元騎手が競馬社会を斬る!
posted by 新マネー競馬 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

場内暴行事件の“ドロドロ遺恨”(週刊誌、競馬記事チェック 18)

週刊大衆(6・12号) 発売中

中央競馬のクリーンイメージに黄色信号exclamation&question
G1ジョッキーVS調教師
場内暴行事件の“ドロドロ遺恨”

(本文より抜粋)
事件は5月14日、東京競馬場。新設されたG1ヴィクトリアマイルのレース直後に衆人環視の検量室で起きた。
「同レースに管理馬オーゴンサンデーを出走させていた谷原義明調教師(57)が、同馬に騎乗した後藤浩輝騎手(32)を、固く丸めたレーシングプログラムで頭や背中を殴打したとして、JRAから過怠金10万円を課せられたんです」(スポーツ紙競馬担当記者)

・・・・・(中文)

場内で起こった、まさかの事態。それこそ殴り合いに発展しても、おかしくない状況だったのだ。

だが、競馬界の大物2人が寸前で両者の間に入り、仲裁したことによって、惨事は避けられたという。
「ひとりは、あるベテラン調教師で、もうひとりは、あの●●騎手だったんです。当初、JRAの係員は、あらぬことか、喧嘩を放っておいたんですよ。それに●●騎手は怒ったわけです」(JRA関係者)

現場に居合わせた関係者によると、「●●騎手は、調教師が騎手を殴るなんて異常事態を野放しにされたんじゃ、僕らは安心して騎乗できない。なんらかの処置をしないと、来週から僕は乗りませんと、係員に詰め寄った」という。 

・・・・・(中文)

超一流ジョッキーをも巻き込んだ今回の騒動。だが、一部からは「起こるべくして起きた」との声も聞こえてくる・・・・

・・・・・(中文)

「今回の事件で一番怒ったのが、・・・・・ 馬主でもある○○○○氏」

・・・・・

(※●●本誌には実名が出ています)

posted by 新マネー競馬 at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

最新映画「夢駆ける馬ドリーマー」

「夢駆ける馬ドリーマー」
 天才子役ダコタ・ファニング主演
日本公開は5月27日(土)より、日比谷スカラ座ほか東宝洋画系にて全国ロードショー

優秀なトレイナー・ベンは厩舎を経営しているが、資金繰りに苦しんでいた。そんな中、頼みの綱の牝馬ソーニャドールがレースで転倒、骨折してしまう。実際にあった物語を基に、レース優勝の夢にひた走る少女と馬の交流を描く。

(骨折から再起して3つのレースを制したマライアズストームという牝馬が、ソーニャドールのモデル)


ストーリー
元名騎手として活躍したベン・クレーン。今は牧場を細々と営み、優秀なトレーナーとしてパーマー牧場に雇われている。

そんな父の背中を見ながら育った娘ケールの楽しみは、ベンに付いて馬の調教を見に行くこと、競走馬のことなら何でも知っている祖父ポップの話を聞くこと。しかし、ベンとポップは、牧場経営で対立し、今は口もきかなくなっていた。愛娘ケールに自分と違う人生を歩んでほしいと思っているベンは、ポップが孫に馬について吹き込んでいるのを苦い思いで見ている。

いつものように、ベンの調教の様子を見ていたケールは一頭の競走馬ソーニャドールに出会う。ソーニャドールとはスペイン語で“夢見る人=ドリーマー”を指す。一目で気に入ったその馬は今最も期待を寄せられている牝馬だった。
レース直前にソーニャドールの異変に気づいたベンは、出走を取りやめるようオーナーに進言するが、馬主がレースを見にきており、受け入れてもらえない。しかし、ベンの予想は的中し、ソーニャドールはレース中に前脚を骨折し、転倒してしまう。
オーナーはソーニャドールを安楽死させるようベンに命じるが、ケールが見ている手前もあり、ベンは自らのギャラと引き換えに馬を引き取る。加えて、命に背き、ソーニャドールを故障させた責任として、解雇されてしまう。


泣ける映画です。公式サイトより予告をどうぞ→公式サイト

posted by 新マネー競馬 at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

買う、買わない?メイショウサムソン

第73回東京優駿(G1)
2006年5月28日(日)
芝2400m サラ系3歳 オープン 牡・牝 (指定) 定量

メイショウサムソン
考えれば考えるほど迷ってきているダービー予想です。データ分析も競馬に絶対はないので、削ろうと思っても削り切れない状態です。迷っているのがメイショウサムソン(牡3、栗東・瀬戸口勉)です。好みのタイプですが、距離延長でサクラメガワンダー、ジャリスコライト、フサイチジャンク、マルカシェンクの4頭に指針が向いています。

迷っている理由は、メイショウサムソンはオペラハウス産駒で血統的にはステイヤーなんです。折り合いがつくから、こちらも距離延長はなんら問題がないのです。
枠順は1枠2番、先行出来て最後も踏ん張れる力を持っています。内ラチを通り距離ロスのない走りで、後方から行く有力馬に差を詰められながらも残ってしまうシーンが頭から離れません。

どうする、メイショウサムソン。
posted by 新マネー競馬 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

「武さ〜ん」

天皇賞の予想は失敗だったなぁ!
リンカーンをどうするか迷ったけど、昨年まで天皇賞(春)は2年連続で1番人気を裏切っていたから簡単に斬ってしまったからね。
もし来たら、90年の天皇賞(秋)と同じだなって思ってはいたんだけど。
90年の天皇賞(秋)、岡部騎手で勝ったヤエノムテキは2着に横山騎手のメジロアルダンを引き連れてきた。メジロアルダン、89年の天皇賞(秋)では岡部騎手だったのが、この年岡部騎手はヤエノムテキを選んだ。だからメジロアルダンの2着好走は、それまでの主戦だった岡部騎手を追いかけた結果だというわけ(笑)

1990年4回東京8日目10R 天皇賞(秋)

「岡部さ〜ん、なんでヤエノムテキなの。俺だってほら走れるじゃん」(メジロアルダン)

「いいかアルダン、岡部さんはお前を見放したんだよ、だから見返してやれ!」(横山騎手)

・・・
まあ、武豊騎手がディープ以外に乗ることはないのだけど、横山騎手がリンカーンにあの時と同じように入れ知恵したのは間違いない(笑)
posted by 新マネー競馬 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

皐月賞のポイント

連勝中の弥生賞馬
前々走、弥生賞と連勝している弥生賞馬は、(2,1,3,0)

皐月賞で1番人気になれば、(2,1,1,0)

===
これは、おもしろいっス 競馬マフィア
posted by 新マネー競馬 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

ミッキーの馬券

ミッキー有終 阪急杯V&1400勝(スポニチから)

ミッキーが劇的有終Vだ。「第50回阪急杯」が26日、阪神競馬場で行われ、来月から調教師に転身する松永幹夫(38)がブルーショットガンで優勝。ラスト騎乗となった阪神12Rでは史上12人目のJRA通算1400勝(1万2416戦目)を達成し、ターフに別れを告げた。

騎手生活最後の日に、大敗続きの11番人気ブルーショットガンで重賞制覇。胸のすくような追い込みで大どんでん返しを演じた。「びっくりしましたね。あんなに走ってくれるなんて。競馬の神様が降りてきてくれたんでしょうか」。松永も思わず「神様」の後押しと思うしかない劇画のような結末だ。

デビュー20年間のすべてを込めるようなすさまじいステッキさばきだった。「道悪下手だから」と陣営が苦戦を覚悟していた騎乗馬が不良馬場にもノメることなく、鞍上の気迫に押されて猛然と差を詰める。外に進路を取ると、ターフの神様がVゴールへ手招きするように進路が開いた。スタンドから聞こえてきた「ミッキー!」の絶叫とともに半馬身突き抜けていた。
(スポニチ)


それにしても、こんなにうまくいくもんかね、同じ引退する天間昭一騎手は最終騎乗はブービーだよ。実績が違うと言ってしまえばそれだけかもしれないが、あまりにも出来過ぎだ。過去の名ジョッキーでも勝って引退はそんなにない。徳吉騎手(父の方)はたしか失格だった気がする。
私はあまりミッキーの馬券は買わない方だった。最近でも97年ローズSのキョウエイマーチまでいかないとない。買った馬券で一番の思い出は、ミッキー初G1制覇となった91年オークスのイソノルーブル。

第52回優駿牝馬(G1)
1991年5月19日(日)

1着 イソノルーブル 4番人気
牝4 松永幹夫 2.27.8 01-01-01-01 35.6 55.0 440(+6)
2着 シスタートウショウ 1番人気
牝4 角田晃一 2.27.8 ハナ 17-18-18-15 34.6 55.0 466(+6)

このオークス、シスタートウショウが単勝2.1倍で断然の1番人気、イソノルーブルは単勝12.1倍と離れた4番人気だった。私は逃げるイソノルーブルに絡んで行きそうなのが人気薄ばかりで、その脚も強力でなかったのでマイペースで行けるはず。一方、シスタートウショウは強力な末脚で、最後必ず追い込んで来るとみていた。本命はイソノルーブルで、逃げ切りに期待していた。

レースは思っていた展開になり、直線早めにスパートしたイソノルーブルに、一完歩ずつ差を詰めて来たシスタートウショウが並んだところがゴールだった。結果は写真判定の末、ハナ差でイソノルーブルが勝った。


牝馬の松永と言われたミッキーは牡馬の方ではG1制覇が無い。デビューのころはまだまだベテラン騎手健在で牡馬になるといい馬がなかなか回ってこなかったような気がする。それと私はあまり牝馬の馬券を買わないから、必然的にミッキー馬券は少なくなってしまった。

イソノルーブルの逃げ切りを見た時、この騎手はこれからもっと活躍するなと直感したが、見事に1400も勝って見せた。今度は調教師としていい馬を送り込んで来ることを楽しみにしている。

マネーパートナーズ
競馬ランキング
posted by 新マネー競馬 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

英語 ペラペラなら

土曜日、クイーンカップのレース後、勝利騎手インタビューでルメール騎手の通訳を社台、吉田照哉オーナーがやっていた。英会話がスラスラと出来るのはカッコいい。海外を渡り歩くオーナーならあたり前なのかもしれないが、私みたいに英会話が出来ない御仁には、話せない英語の学校教育についグチが出てしまう(あんな授業では話せっこない)。

前の会社でひとつ年上の渡辺さんは英会話がペラペラに出来た。仕事でミスってばかりしていてよく上司にマヌケ呼ばわりされていたが、いっしょに新宿あたりに繰り出しては堪能な英会話で、何度か外国留学生のかわい子ちゃんをナンパして見せた。それもあって周囲の彼に対する評価とは別に、私は彼にひと目おいていた。

ある時彼にその英会話の実力はどこで仕込んだのかと聞いてみると、これが以外な答えだった。ただ中学校の教科書をスピーチ出来るように自分で練習しただけという。そこに高校で出てくる単語を加わえ、難しい言葉や、専門用語を使わなければ日常の会話なら90%は出来ると言っていた。

それを聞いて以来、私も思いつくままに英会話にチャレンジしてきたが、少し日が経つと「(出来なくても)ええ会話」の繰り返しになってしまって、10年もの間何も進歩しないでいる。

やっぱり話せた方がいいだろな。
あなたと世界をつなぐ架け橋Espritline

posted by 新マネー競馬 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

一目でわかる共同通信杯でーた

過去5年〜共同通信杯人気別着順

1人気馬成績…3−1−0−1
2人気馬成績…0−0−1−4
3人気馬成績…1−1−0−3
4人気馬成績…1−0−1−3
5人気馬成績…0−2−1−2
※2003年は中山開催
馬連平均配当…1,526円

過去10年〜 1番人気馬着順
(1)(1)(1)(7)(5)
(1)(1)(5)(2)(1)

過去10年〜 6番人気以下の優勝
99年のみ。

過去10年〜 連対のポイント
キャリア、2〜7戦(18頭)
連対率50%(16頭)
前走4着以内(18頭)
距離面1800メートル以上で連対経験(13頭)

これらの実績がないと出走にこぎつけないのも共同通信杯。

posted by 新マネー競馬 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

有馬記念に追夢せよ

「真っ赤なお鼻のトナカイさんは……」みなさんご存じのこの歌。
サンタのソリは9頭のトナカイでひいていますが、この先頭のトナカイの名前はルドルフというそうです。

ルドルフから連想できるのは84年の三冠馬シンボリルドルフ、同年3歳(旧4歳)でみごと有馬記念を先頭でゴールしました。
今年の有馬記念はクリスマスの日。ディープインパクトも先頭でゴールするんだろうか。

その名はルドルフ。クリスマスイブに追跡せよ(トナカイのお話)

有馬記念の情報先取り、競馬ランキング

【完全無料!】競馬ファン必見!!
posted by 新マネー競馬 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

夏休みおすすめ競馬読本

馬の王、騎手の詩
馬が走る、騎手が踊る。シンボリルドルフ、ミスターシービー、トウカイテイオー、メジロマックイーン、ナリタブライアン―日本のサラブレッド・レースシーンに華麗な物語を描いた数々の名馬と名騎手たちが織りなす感動のターフ・エキサイティングドラマ。

目次
第1部 馬の王
   長距離走者とは何か?
   回想のシンボリルドルフ
   ミスターシービー、英雄伝奇
   馬の王、トウカイテイオー
   メジロマックイーン、その蹄路
   ブライアンが勝った日
第2部 比較騎手学
   ライバルジョッキー物語―岡部幸雄と柴田政人
第3部 騎手の詩
   戻ってきた名手・小島貞博
   親父たちの力・小島太
   十九度目のグローリー・柴田政人
   スタローンになった男・加藤和宏
   ハナ差なら譲れ・南井克巳


夢、オグリキャップ
日本の競馬史を彩った名馬は数知れないが、オグリキャップほど日本人の心に溶け込んだ馬はなかった。騎手、調教師、馬主、生産者…。一頭の名馬の足跡を軸に、彼らの悲喜こもごもの人間模様を描くノンフィクション。

目次
第1章 鳧舞の賜物
第2章 賭けと報酬
第3章 若武者見参
第4章 郡上気質
第5章 驥馬の本領
第6章 驀進
第7章 騅の逝く先


2冊とも実際に読んだ、私の推薦書です。
馬の王、騎手の詩は、他にはあまり書かれていなかったエピソードが載っています。
ナリタブライアンについては、ダービーに乗った騎手18人のスタートからゴールまでの気持ちと道中の読みが書かれていて面白い構成になっています。
夢、オグリキャップは、オグリの誕生前からの詳細なドキュメンタリーで、オグリファンには最高の1冊です。
posted by 新マネー競馬 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

マーメイドステークス(G3)、注目馬

第10回マーメイドステークス(G3)
2005年7月10日(日)
芝・右 2000m サラ系3歳上 オープン 別定

レクレドール (白老F)
前々走の福島牝馬Sは展開不向きで3着、次の愛知杯は馬場の悪いインを通っての7着と敗因は明らか。仕上がり順調、武豊騎手騎乗、昨秋ローズS勝ちの阪神コースなら好勝負必至。


ブログランキング
☆☆ランキング☆☆

━━アーカイブ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米国の女性騎手ジュリー・クローン(27)が、5回東京競馬7日目11レースのインターナショナルジョッキーズでサイバーフィールドに騎乗し、中央競馬史上、初の女性ジョッキー騎乗、初勝利を飾った。

8枠12番がクローン騎手
'90インターナショナルジョッキーズ(実況)

'90インターナショナルジョッキーズ(結果)
posted by 新マネー競馬 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

七夕賞(G3)、注目馬

第41回七夕賞(G3)
2005年7月10日(日)
芝・右 2000m サラ系3歳上 オープン (混合)(特指) ハンデ

ダイワレイダース(社台F)
前走エプソムCは休み明け、馬体重18キロ減、直前乗り代わりだったが、0秒1差3着と、能力のあるところを見せた。
元々新馬、特別連勝してクラシック候補に揚がった素質馬。4ヶ月ぶりを叩いた上積みも見込めここは初重賞制覇のチャンス十分。最終週で荒れた馬場も重巧者の同馬には大歓迎だ。

七夕賞は荒れるハンデ重賞として名高く、昭和53年カミノハヤブサ以降、1番人気が26連敗中。ここで1番人気なら、ジンクスは破られる可能性が高い。



ブログランキング
☆☆ランキング☆☆
posted by 新マネー競馬 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

東京競馬場、Cコース

移動柵使用でレース傾向が大きく左右されるのが東京競馬場、Cコース。大回りの東京コースがさらに大回りなる。追い込み馬はいつもより外を回されて差して届かずのケースが起こる。
いちばん外のCコース(今週から4日間)は、直線が長いから追い込み馬と思いきや、力のない追い込み馬にとっては距離ロスを頭に入れておかないといけない。展開が楽と読んだら、馬券は迷わず先行馬から。


東京競馬場が府中に決まるまで




ブログランキング
☆☆ランキング☆☆
posted by 新マネー競馬 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

キャロットファームの躍進

オークスTR「第40回フローラS」が24日、東京競馬場で行われ、2番人気のディアデラノビアが大外一気の追い込みで重賞初制覇。2着レースパイロット、3着アスピリンスノーまでがオークスの優先出走権を獲得した。
ディアデラノビアの馬主はキャロットファーム。オークスでは同馬主同厩舎の桜花賞2着馬シーザリオと対戦することになった。

角居師は「落ち着きという面では劣るが、スピードはシーザリオより上。東京を経験できたことを加味すれば甲乙つけがたい」ときっぱり。「テンションを上げない調整方法を考えたい」と気性難改善に全力を尽くす構えだ。本番まで1カ月。リラックスして走ることさえ覚えれば、シーザリオとのワンツー独占も夢ではない。(サンスポ)

◆ディアデラノビア 父サンデーサイレンス 母ポトリザリス(母の父ポトリラゾ)牝3歳
栗東・角居厩舎所属 馬主・キャロットファーム 
生産者・北海道早来町ノーザンファーム 

◆シーザリオ 父スペシャルウィーク 母キロフプリミエール(母の父Sadler's Wells)牝3歳
栗東・角居厩舎所属 馬主・キャロットファーム
生産者・北海道早来町ノーザンファーム


このところ、馬主キャロットファームの馬の躍進が目立つ。その元となるのが、ノーザンFとの提携。その中でも有力馬は栗東・角居厩舎にはいっていて、これからはいっそう「キャロット+ノーザンF+角居厩舎」には目が離せない状況だ。


キャロットファームは、社台グループが生産頭数を拡大させたのに伴い、社台RH、サンデーRに次ぐ第三の提供先クラブとして提携開始したため、現在の主要提供牧場は早来町・ノーザンファームとなっている。



Yahoo!スポーツ 競馬 - 調教師名鑑 角居 勝彦

[馬主チャート] キャロットファーム



ブログランキング
☆☆ランキング☆☆



posted by 新マネー競馬 at 13:00| 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

フローラS、注目馬

ピサノグラフ
重賞6勝の名牝シンコウラブリイの子。デビューから(2)(2)(2)着の惜敗後、4ヶ月の休養を挟んで2連勝。「行きたがる気性が詰めの甘さの原因になっていた。思い切って休ませたことでそれが解消されたね」(藤沢和雄調教師)。今週から短期免許で来日するデザーモが手綱をとり、有力ノーザンF産駒に挑む。

アスピリンスノー(社台F)
調教は坂路で4F57秒3―12秒9。むだなリキみもなく、しまいまでしっかりとした動き。「状態はいいですね。放牧先でもずっと乗り込んでいた」、「普段はうるさくはないけど、引っ掛かるところがある。うまく折り合ってくれて、何とか権利が取れれば」(久保助手)。レースを使いながら確実に良化で、一発の期待も。


ブログランキング
☆☆ランキング☆☆

posted by 新マネー競馬 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

東京競馬、第1週目のポイント

さて今週から東京開催。ご存じのように東京競馬場のコースはコーナーが大きく、差し馬に有利なコース形態だ。
だだし、1つだけ注意したいことがある。
開催替わりの第1週目は、逃げ、先行馬に注目が必要だ。芝コースは、インコースの状態がいいし、ダートコースは、まだ掘れていない分走りやすい。

まあ、そんなこと知ってるよっていう人にはなんてことない事だが、馬券のポイントに十分なり得るので確認まで。

ブログランキング
☆☆ランキング☆☆

posted by 新マネー競馬 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

皐月賞、注目馬

ヴァーミリアン(ノーザンF)が最終追い切りで復活の兆し。
京都2歳ステークス、ラジオたんぱ杯2歳ステークスの走りには安定感があったが、前走スプリングSでは14着とガッカリさせられた。

前走の最終追いは51秒5と全体時計は速いが、ラストは14秒1と失速。結果惨敗。間があいたとはいえ、注目度はガタ落ち。しかし、今回は1週前の6日に坂路800メートル51秒6。8、10日も緩めずに坂路で60秒台をマーク。そして最終追いは、53秒2、ラスト12秒3と伸びた。

前走は休養明けにも拘らず馬体減。当日、馬体回復の状態なら、復活の一発も。


ブログランキング
☆ランキング☆

posted by 新マネー競馬 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

柴山雄一騎手

先日、福島競馬で柴山雄一騎手(26)の騎乗ぶりを見てきた。土曜メインの飯坂特別、プライマリーケアで見事1着。1番人気だったとはいえ、先行して間を割って出てきたところは、さすが地方で鍛えられてきたという印象があった。競馬学校出の勝利の少ない騎手より、格段に追える騎手と見た。これからの騎乗ぶりに注目である。

柴山騎手は笠松の先輩で中央に移籍した安藤勝己騎手からの助言もあって中央に挑戦。実は、中学3年から3年連続JRAの騎手試験を受けたが、不合格だった。その後、笠松で騎手となる。デビューは20歳と遅かったが、地道に努力を続け、7年間で392勝。昨年は東海地区で95勝を挙げる活躍を見せた。


ワンポイントデータ
武豊、1番人気データ
posted by 新マネー競馬 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

福島競馬の馬券対策

福島競馬場は直線292m(Aコース)。ご存じの通り、小回りコースで逃げ先行馬が有利。

逃げ先行馬、有利なのは、小回りのレイアウトにある。芝1800ならスタンド前からスタートで、すぐに1コーナーのカーブ。逃げ先行馬はここで息が入れられる。向こう上面はインを走り、3コーナーで再び息が入れられる。近年は3コーナー過ぎでペースが速くなるが、追い込み馬は大外を周らなければならないので、インをつける逃げ先行馬ば余力をもって直線に出ることができる。

ダートは1周1446mで、直線は267mしかなく、芝よりさらに小回り。砂が軽く、その分時計が速いので、差し追い込み馬は芝並みの速い上がりがないと届かない。

馬券検討はこれらを鑑みて、逃げ先行馬の取捨がポイント。ノーマークで逃げた馬が思った以上の粘りを見せて、好配当が出ることが多い。


しかし、
もっと確実な、福島競馬の最大の馬券作戦は?

なんといっても、馬券を買わないこと。
中山、阪神が開催している時に、わざわざ福島に回ってくる馬の競馬。成績低迷馬が目白押しでは、新聞の印もコメントもあてにならない。それでも買うというならメインのみ。やはり勝負は中山、阪神が無難。

posted by 新マネー競馬 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

武豊、1番人気データ

2000年 武豊 1番人気 複勝率データ
 
全193レース1 着2 着3 着4着〜
複勝率68.3%78282661


古いデータだが近年も変わらず推移している。 ワイド勝負は、武豊騎手が1番人気の時がねらい目。

posted by 新マネー競馬 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。