[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2006年12月25日

ディープ引退の真相

インパクト夕闇の中5万人引退式

去りゆくヒーローに5万人が名残を惜しんだ。ディープインパクトは全レース終了後、パートナー武豊騎手とともに引退式に臨み、競馬場で走る最後の雄姿を披露した。引退を惜しむファンの心を今更ながら知った金子真人オーナー(61)はこれまで封印していた「真相」に初めて触れ、苦渋の胸中を明かした。

ファンのほとばしる思いが詰まった引退式を熱い心で見終えた金子オーナーは、これまで明らかにしなかった引退の真相を口にした。
「3冠を取ったぐらいから、来年1年無事に走ったら引退させないといけない、と…。ホースマンとして無事に種馬にさせたいと思っていた。ワンマンオーナーが勝手に引退を決めた、と言われたが、苦渋の決断だった。日本の競馬サークルにもっと重大な使命があると考えて決めた」。

 薬物問題で失格となった凱旋門賞についても初めて口を開いた。
「あそこは我慢のしどころだと思った。これまでいいことがあったんだし、(ほかの)人のせいにしたらいかん、と。オーナーの不徳の致すところ、それをのみ込んでいこうと思った」。
 まだ早い−、凱旋門賞のリベンジをするべき−。さまざまな声も聞こえてきた。が、オーナーは言う。「今の気持ちは、ふぬけになったような、悲しいような、寂しいような。でも、あと1年間走りを見守るには、私のハートは小さすぎた」。
(日刊スポーツ)


posted by 新マネー競馬 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

藤田伸二騎手が暴力行為で騎乗停止

21日午前1時30分頃、滋賀県栗東市内にある飲食店において、藤田伸二騎手(34、栗東・フリー)が同飲食店の従業員に対し暴力行為に及んだ。従業員にけがはなかった。これを受け、JRAは22日、日本中央競馬会競馬施行規程第127条第4項により、同騎手を平成18年12月22日(金)から裁定委員会の議定があるまで騎乗停止とすることを発表した。
なお、滋賀県警草津署は暴行容疑で同騎手を書類送検する方針。
(netkeiba.com)

posted by 新マネー競馬 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

有馬記念後に引退式

有馬記念でラストランのディープインパクトが、最終レース後に引退式を行うことになった。(池江郎師が5日にコメント)
引退式の後は中山競馬場から直接、北海道のノーザンファームへ向かう。

本【予約】ディープインパクト優駿の門 特別篇
posted by 新マネー競馬 at 15:59 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ディープインパクト 単勝支持率

JCを優勝したディープインパクトの単勝オッズは1・3倍。支持率61・2%はJC史上最高だった。これまでの過去最高は00年のテイエムオペラオーんの支持率50・5%。

ディープインパクトのこれまで単勝支持率は、昨年の有馬記念62・6%、天皇賞(春)75・3%、宝塚記念75・2%。今回のJC支持率は、これまでの国内12戦の中で最低。
(スポーツ各紙) 
posted by 新マネー競馬 at 08:52| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

武豊騎手 阪神新コースを試走

JRA阪神競馬場の改修を終えた新コースの試走会は6日、8騎手が参加して行われた。

新コースで変わる主な特徴は、
桜花賞(G1)をはじめとした芝1600メートルのスタートが向こう正面の直線から発走して、新設の外回りになる。芝の1周は2089メートルで、最後の直線は474メートルと122メートル長くなる。

「外回りはコーナーがゆるく、馬は走りやすいのでは。桜花賞のイメージもがらっと変わるでしょうね」(武豊騎手、スポニチ)

新コースは、第3回阪神競馬(12月2日)から使用される。

posted by 新マネー競馬 at 22:02| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

武豊夫人の浪費癖!?

武豊夫人だから出来ることかもしれませんが、もっと地味なイメージでいてほしいと思うのですが。

浪費ぶりが話題になっている佐野量子(日刊ゲンダイ)
ディープインパクトが惜しくも3着に終わった武豊騎手の凱旋門賞。その異聞がここにきて流れている。武騎手本人ではなく、元アイドルで夫人の佐野量子(38)の浪費癖についてである。

 量子夫人は海外旅行好きで知られ、今年も凱旋門賞の下見を兼ねた武騎手のフランス遠征に同行した。量子夫人はそういった機会にブランドショップなどに出かけ、高級品を買いまくるらしい…。

続きを読む…
posted by 新マネー競馬 at 12:10| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

ディープインパクト 天皇賞回避

ディープインパクトは、天皇賞・秋(29日・東京競馬場、G1)の出走を回避することになった。

同馬の金子真人オーナーと池江調教師が連絡を取り合い方針を決定。池江調教師は日本中央競馬会(JRA)を通じ「オーナーと協議した結果、帰国後日が浅いため、出走を見送ることにした。次のレースに向けて、調整していきたい」とコメントを発表した。(共同)


posted by 新マネー競馬 at 23:03| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

原因は投薬ミスの可能性

【パリ=若水浩】競馬の凱旋(がいせん)門賞に出走したディープインパクト=牡4歳、池江泰郎厩舎(きゅうしゃ)=から禁止薬物が検出された問題で、原因は投薬ミスの可能性が高いことが、19日分かった。

ディープインパクトは8月にフランス入りした後、呼吸器系の不調に見舞われ、滞在先の厩舎を担当するパトリック・ラングロワ獣医師から気管支拡張剤を処方された。

同獣医師は、禁止薬物使用(ドーピング)違反となることを避けるため、1週間前までに投薬をやめるようにアドバイスした。

検出された気管支拡張剤のイプラトロピウムは禁止薬物に指定されているが、レース出走時に薬の影響下になければ、治療薬としての投与自体には問題がない。これまでのケースではレース5日前の摂取でも陽性反応が表れなかったという。ラングロワ獣医師は現地の競馬関係者に対し、「凱旋門賞に出場するので大事をとって1週間前に投薬をやめるように処方した。3〜4日前に投与したとかしか考えられない」と、投薬のタイミングを誤った可能性が高いとの見解を示した。
(読売新聞)

禁止薬物を処方したのはフランス人獣医師だが、ディープインパクトの3着は避けられない【フランスギャロ】
(フジTV、昼ニュース)
posted by 新マネー競馬 at 11:47| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

「Super Selection」

秋競馬もいよいよこれからが本番。舞台は東京、京都へと移り本格的なGT戦線が始まる。そんなタイミングで、あの清水成駿氏が今月9日から新たにサイトを立ち上げる。その名も「Super Selection」
中身は3本柱。
(1)1週間競馬漬け
(2)1日3000円 毎週が給料日
(3)甦るスーパーショット伝説&最強コラム
月〜金は日替わりで当の清水氏を筆頭にトップ競馬コラムニストたちの競馬コラムを配信。これらは無料というのがうれしい。
(土、日曜が有料サイトで渾身の勝負レースを提供する)

清水成駿の「最終レース予想」無料配信…競馬ラボ

NEW清水成駿公式サイト
posted by 新マネー競馬 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

ウインズ新宿が消える!? 

入居ビル、競売に

東京・新宿の場外馬券売り場「ウインズ新宿」が入るビルが競売にかけられていることが5日、分かった。テナントを貸すビルオーナー側は収益などを差し押さえられ、「建物の管理義務が果たせない状態」と物件を手放したい考え。新しい所有者の意向次第では閉鎖という最悪の事態の可能性すらあり、JRA(日本中央競馬会)は対応に苦慮している。

これから秋の本格シーズンを迎える競馬界。メイショウサムソンが2年連続の3冠馬となるか、ジャパンカップでのディープインパクトとハーツクライの再戦!?−など話題が多いが、思わぬ場所から難題が浮上した。
(ZAKZAK)
===
まだ、若い時、土曜出勤の昼休みによく「ウインズ新宿」に行ったっけ。近くのエロ映画館の前を通って看板にグッド(上向き矢印)だったなー、なつかしい。

IMAGE MORE
posted by 新マネー競馬 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

インパクトを地元紙評価

決戦から一夜明けた2日、競馬専門紙「パリチュルフ」は、凱旋門賞の結果を1面で掲載。3着に敗れたディープインパクトのレースぶりを紹介した。優勝したレイルリンクのファーブル師は、同紙の取材でインパクトについて聞かれ「彼は非常に偉大な馬。アスコットで(キングジョージで3着に好走したハーツクライ)日本馬の能力の高さを知っていたし、警戒していた」と話している。

日本最強馬に対する現地記者の反応はさまざま。93年の凱旋門賞を勝ったアーバンシーを管理し、現在は「パリチュルフ」解説委員をつとめるジャン・レボード氏は「ディープは今回の凱旋門賞に大きな価値を与えてくれたと思う。3着だったがシロッコ、ハリケーンランには勝っており、やはり能力はある。個人的には(ディープの)価値が下がるとは思っていない。近いうちに日本馬が凱旋門賞を勝つ可能性は高い」と賛辞を送った。

また同紙のジェラード・シェビニー氏も「結果的にディープをマークしたレイルリンクが勝った。勝ち馬のレベルがどうなのかという疑問はあるが、強豪に先着したことでディープのレベルの高さは示せた」と健闘をたたえた。だが、その一方で「ヨーロッパは結果がすべて。ペースメーカーを出さずに、遅い流れをつくり出すことに成功したファーブル(調教師)のタクティクスが勝ったということ」と名将を称賛した。
(日刊スポーツ)

フジテレビの番組でロンシャン競馬場で生観戦したタレント、若槻千夏
「結果は残念だったけど、お疲れ様といいたいです。私自身は生で現場を見て、鳥肌が立つほど凄い興奮を味わいました。この時代に競馬という仕事に携われて、ディープに出会えて光栄です」
(サンスポ)

NEW『馬券の女王』 ⇒競馬ランキング

英紙がインパクトのローテを批判
posted by 新マネー競馬 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

インパクト3着〜凱旋門賞

世界最高峰のG1「第85回凱旋門賞」(芝2400メートル、優勝賞金114万2800ユーロ=約1億7000万円、8頭立て)が1日、仏ロンシャン競馬場で行われ、先行した武豊騎手(37)騎乗のディープインパクト(牡4歳=池江郎厩舎)は早めに先頭に立ったが、追い込んできた3歳のレイルリンク、6歳牝馬のプライドに差され3着に敗れた。ライバルと目されていたシロッコ、ハリケーンランには先着したものの、世界の頂点に立つことはかなわなかった。
(スポニチ、サイト速報)

 全着順
1 レイルリンク Rail Link 2:31.70
2 プライド Pride クビ
3 ディープインパクト 1/2
4 ハリケーンラン Hurricane Run 2.1/2
5 ベストネーム Best Name 2
6 アイリッシュウェルズ Irish Wells 短首
7 シックスティーズアイコン Sixties Icon 4
8 シロッコ Shirocco 1.1/2

posted by 新マネー競馬 at 01:19| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

JRAに264万円賠償命令

東京都渋谷区の場外馬券売り場「ウィンズ渋谷」敷地内の縁石(御影(みかげ)石製、幅約10センチ)上で転倒しけがをした会社社長の60代の男性が、設置者の日本中央競馬会(港区、JRA)に830万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は27日、264万円の支払いを命じた。藤下健裁判官は「御影石は光を反射するほどなめらかに磨かれており、雨で濡れると、足を滑らせて転倒する可能性があった」と指摘し、JRA側の責任を認めた。

 判決によると、男性は、雨が降っていた04年8月15日午後2時ごろ、ウィンズ渋谷に入ろうと敷地に足を踏み入れた際、2階へ通じる階段付近の縁石の上で転倒。腰と左ひざをねん挫し約4カ月間、通院治療を受けた。JRA側は「過去18年間、転倒事故はなかった」と争ったが、判決は「御影石の設置などに落ち度があった」と退け、休業損害や慰謝料の支払いを命じた。(9月27日、毎日新聞)


雨の日、よくモップがけしているのを見ますが、御影(みかげ)石でなくてもいいと思いますよね。ほんと危ないと思います。「過去18年間、転倒事故はなかった」なんて関係ないですよ。いつでも、事故が起こらないかどうかですから。
===
こちらも心配!
冬のWINS新白河。降雪地帯なのに、北側の2階直通階段は、屋根から雪が落ちてきて大変危険exclamationです。雪が降った後、何日か経っていると、氷になってますから、あたったらどうするんですかね。一応、パイロン(カラーコーン)で仕切られていましたが、改善されているんでしょうか? →競馬ランキング
posted by 新マネー競馬 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ウインズ後楽園エクセルフロア、オープン

ウインズ後楽園B館8、9階にエクセルフロアが9日オープンする。

9階は1日の利用料金がJRA最高の5000円(60席)。独立したブース型のシートはリクライニング機能付き。全席パソコン装備で、全場のパドックやオッズ、レース映像はもちろん、キーボードを借りれば、インターネットも利用できる。昼食は近くの東京ドームホテルから運ばれた料理をビュッフェ形式で楽しめ、ソフトドリンク類は無料。アルコール(ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎)は500円。フロア案内を担当する女性が、パソコンの操作など来場者をサポートする。
(サンスポより)
posted by 新マネー競馬 at 12:10 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

「応援馬券」

JRAが10月7日から全国で発売する「応援馬券」(馬1頭の単勝と複勝がセットで1枚の投票券になり、馬名の上部に「がんばれ!」と印字される)が、9日から札幌競馬場、ウインズ札幌、ウインズ米子で先行発売されることになった。(日刊スポーツ)

デイトレの秘訣

「がんばれ!」は、印字しないほうがいいと思うな、
馬にがんばれってことだろうけど、馬券買ってるほうも「がんばれ!」ってことに。
posted by 新マネー競馬 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

世界最大のターフビジョン

8月31日、東京競馬場に超大型のマルチ画面ターフビジョンが設置されたことがJRAから発表された。9月16日(土)から仮放映を開始し、10月7日(土)の第4回東京競馬1日目から本格的に運用される。

このターフビジョンは縦11.2m×横66.4mという大きさで、香港・シャティン競馬場に設置されている映像スクリーン(縦8m×横70.4m)を上回る世界最大の映像スクリーンとして、ギネス世界記録に認定されたもの。デジタルスクリーンコントローラを採用しており、高画質のスクリーン上にデジタルハイビジョン映像や画像を同時に4画面まで表示することができる。
(netkeiba.com)

シティライナーで行く中山競馬
posted by 新マネー競馬 at 00:23 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

天才騎手の遺骨、故郷に帰る

牧太郎のおけら街道トキの声(スポニチ)より

天才騎手の遺骨が馬産地の故郷へ

 八戸の俊ちゃんから便り。「デーリー東北にこんな記事が載っていました」

 「伝説の騎手 故郷へ」という見出し。読んでみたら、言い知れぬ競馬ロマン。全国の人に知らせたくなった。(デーリー東北は青森県東部と岩手県北部エリアに密着した地元紙)

 最強の牝馬クリフジをご存じだろうか。

 戦争中の1940年3月15日、千葉県印旛郡・下総御料牧場に生まれた。父・トウルヌソル、母・賢藤。馬主の栗林友二さんの「栗」と母親の「藤」を取ってクリフジ(ちなみに、友二さんのご子息・英雄さんもライスシャワーのオーナーでクリフジと同じ勝負服である)。クリフジは強かった。デビュー3戦目の43年ダービー。スタートした直後、体を一回転してしまって出遅れ、他の馬に10馬身以上遅れたが、ゴールでは6馬身差の圧勝。牡馬なんて目じゃない。とにかく強い。オークス、菊花賞と変則クラシック3冠。11戦11勝。そのうち7戦が着差10馬身以上だった。

KEIBARANK...more
posted by 新マネー競馬 at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

サンライズキング−37年ぶりレコード更新

27日の小倉競馬第10レース「阿蘇ステークス」で、サンライズキング(和田竜二騎乗)がタケシバオーが持っていたダート1700メートルの日本レコード1分41秒9(1969年3月)を37年5ヶ月ぶりに更新して1分41秒8で優勝した。
サンライズランキング

競馬ランキング

posted by 新マネー競馬 at 01:55 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

中洲に場外馬券売り場

JRAが九州最大の歓楽街・中洲(福岡市博多区)に場外馬券売り場を新設する計画を進めていることが分かった。複合商業施設ビルの1フロア全体に設置するもので、25日に周辺住民らへの説明を行う。オープンは今年10月で、有料定員制が導入される予定。実現すれば福岡市で初の場外馬券売り場となる。(日刊スポーツ)



posted by 新マネー競馬 at 18:43 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

日本馬の「凱旋門賞」初制覇なるか

ディープインパクト 日本馬の「凱旋門賞」初制覇なるか

日本の競馬G1で5冠を達成したディープインパクト(牡4歳)が、パリで10月1日に開かれる世界最高峰のレース「凱旋門賞」に参戦するため9日、フランスに向け出発する。日本馬による同賞初制覇という“衝撃”を世界に与えることはできるか。2ヶ月後に迫った、「凱旋門賞」への見通しについて毎日新聞の記事では、
続きを読む
posted by 新マネー競馬 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ディープインパクト“世界1位”

ディープがついに世界のトップに肩を並べた。IFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表する「トップ50ワールドリーディングホース」で、10月1日の凱旋門賞(仏ロンシャン競馬場)で世界に挑む日本のG15勝馬、ディープインパクト(牡4歳、栗東・池江郎厩舎)が、日本調教馬として初めて“世界1位”にランクされた。

06年1月1日から同7月10日までに施行された世界の主要競走を対象としたランキングで、宝塚記念を制したディープのレーティングは125ポンド。前回(5月8日)の3位タイから、昨年の凱旋門賞馬ハリケーンラン(仏)=タタソールゴールドC1着=、昨年のBCターフの勝ち馬、シロッコ(仏)=コロネーションCなどG12勝=に並ぶ1位タイとなった。同馬はランキングとともに「ディープインパクトは生涯一度の敗戦はあるものの、今年は宝塚記念を含む3勝を挙げて首位の座を獲得」とレポートされている。(7月21日、スポーツ報知)

ハーツクライは?→Keibaranking競馬ランキング
posted by 新マネー競馬 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

西山さん

【ウの目タカの目】“たかが馬主のくせに”
(日刊ゲンダイ、2006年7月8日掲載)

記 者 福島競馬が終わりましたね。

デスク 最後のメーンはやっぱり武だったな。

記 者 ワン、ツー、スリーが3番人気までじゃ、穴狙いには買えませんよ。

デスク 武がわざわざ福島まできてんだぞ。トップハンデ背負ったって軸に持ってこねえとな。

記 者 来週から始まる新潟と第2回函館で取り返しますよ。おっと、その函館といえば……。

デスク どうした。

記 者 スポーツ紙にコラム持ってる西山って馬主が、函館行きの飛行機が取れない怒りが収まらんって、またグチってましたね。

デスク ああ、8日の新聞だろ。

記 者 土曜の便はキャンセル待ちが入らなかったから7日の午後に函館入りしたって。

デスク それで文句いってるのか。この時季、北海道行きのキップが取りづらいのは常識だろうが。

記 者 札幌便に比べると函館行きは便数が少ないですから、余計ですよね。

デスク 北海道出身のヤツは帰郷に苦労してるもんな。

記 者 あの馬主は何様のつもりなんですかね。

デスク 秘書にキップ取らせてるから一般旅行者の苦労なんて知らねえんだろ。

記 者 こんなに飛行機のない状況が続くと、馬主が函館に行きたがらなくなる。もう少し大事にしてほしいだって。

デスク 少々カネ持ってるヤツは自分の思い通りにならんとコレだからな。

記 者 あんなこと書けば、どこかの航空会社がウラからキップ回してくれるとでも思ってるんじゃないですか。

デスク たかが馬主のくせに、勘違いも甚だしいな。

posted by 新マネー競馬 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

「マチカネ」VS元愛人

あの名物馬主、元愛人から3億円の損害賠償
インサイダーや尾上受刑者との関係にも

「マチカネ」を冠名にする競走馬の馬主として知られる東証1部の機械メーカー「ホソカワミクロン」(大阪府枚方市)の細川益男社長(81)が、元愛人の女性(56)から約3億円の損害賠償を求める訴訟を起こされている。訴訟は今月7日、大阪地裁で本人尋問が行われ、結審したが、細川社長によるインサイダー取引疑惑や服役中の元大物女性相場師との金銭賃借関係なども飛び出し、大荒れとなった。(ZAKZAK)

続きを読む
posted by 新マネー競馬 at 00:20 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

JRA

[JRA]94%が随意契約 ファミリー企業12社と パンチ

特殊法人・日本中央競馬会(JRA、東京都港区)が05年度にファミリー企業12社に発注した清掃や警備などの契約金額のうち随意契約が94.8%に達していることが分かった。12社の社長ら51人がJRAからの「天下り」だった。随契率が平均約8割に上るとして問題が指摘されている中央省庁と比較しても、その高さは際立つ。政府が中央省庁と公益法人との随意契約削減に取り組む中、馬券(勝ち馬投票券)の収益を運営経費に充てているJRAについても論議を呼びそうだ。

JRAは競馬法などに基づき、刑法の例外として地方自治体とともに競馬の開催が認められている。日本中央競馬会法の規定では、売上金の75%を馬券の払戻金、10%を畜産振興などの目的で国庫に納付、残り約15%が競馬開催のための運営経費に充てられる。この運営経費の剰余金も国庫納付金や畜産振興の助成金となっており、運営経費が割高になれば、国庫納付金などが減ることになる。

JRAによると、05年度の契約総額は1893億円。うち随意契約は1288億円(68%)だった。「日本トータリゼータ」などJRA子会社4社と、JRAとの取引に経営を依存する「日本競馬施設」など関係会社8社の計12社に限ると、契約額は711億円に上り、随意契約は674億円(94.8%)を占めた。また05年10月現在で12社の役員67人中、社長全員を含む51人がJRA役職員からの「天下り」だった。

JRAの収入は97年に4兆円を超えたのをピークに年々減少。05年度は2兆9025億円だった。01年12月に閣議決定した「特殊法人等整理合理化計画」で「一般競争入札等の大幅拡大と、関係会社に対する委託費の削減」を求められた。だが契約全体の随契率は02年度の72.8%から4・8ポイントしか減少せず、12社との随契率も98.2%(02年度)から3.4ポイントの低下にとどまっている。

05年12月の閣議決定でも「公正・中立性の確保上支障のない契約については、10年までにすべて競争入札に移行させる」と求められていた。

JRA経理部の話 公正確保が前提になる競馬興行の特殊性のため、実績とノウハウを持つ信頼性のある業者との随意契約が多いが、閣議決定の趣旨に沿うべく精査・検討している最中だ。
(毎日新聞)


競馬ランキング
posted by 新マネー競馬 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

一口馬主界に激震!

一口馬主界に激震!日本の競馬が衰退する?
【ライブドア、PJニュース 06月08日】− 一口馬主を経営するクラブ法人に「ファンド法に則って会計をすべき」と国税庁の税務指導が入った。商品ファンド法を適用するとなれば、競走馬が稼いだ賞金をクラブ会員に還元する時「利益の分配」と見なされ、賞金の20%の源泉所得税を支払う義務が生じる。

 また、これは一頭あたりの換算であって、複数頭に出資している場合、赤字馬との合算は出来ない。恐ろしいのは事故見舞金なども利益とみなされる。賞金を稼いだ馬にのみ適用される。なぜなら、合算するには収支の全容を知る必要があり、各競走馬の引退まで解らないからである。引退まで3、4年かかる競走馬の性質からして、そこから還元するのでは資産の数年の凍結となり、間違いなく出資者はやりくり出来なくなるのだ。また、ファンドからみると月々支払う預託料(後述)は、追加出資金という形であり、経費計上できずひたすら、金額が入ってきたところにだけ税金が掛かるというシステムだ。

 クラブの運営は様々だが、現在、およそ賞金の7割程が出資者に還元されている。この会計方式だと消費税を含め5割以下に激減してしまう。もちろんこれは、一口馬主として出資している場合だけであり、本当の馬主はファンドではないので摘要外である。

 ネオユニヴァース、ハーツクライ、タイムパラドックス、こういった何億円と賞金を稼ぐ馬に対するやっかみだろうか。しかしこういった馬が出てくる可能性というのはほとんど皆無なのだ。おそらく会員の9割程は赤字も赤字、大赤字でやっている。競走馬というのは恐ろしくハイリスクで、出資したとして無事デビューまでこぎつけられるのが全体の60%程、残りの40%は一度も出走する事なく引退を余儀なくされる。さらに、無事デビューにこぎつけた馬のうち、生涯で一勝以上できるものが60%程である。つまり、一度でも勝利の美酒に酔いしれる事ができるのは全体の36%程なのだ。

 また、血統が良いからと金額的に無理をして出資する事も出来ない。毎月、出資金以外に預託料(大体50万円の口数割り)というものが発生するので、常に出費と向き合わねばならないからだ。当たり前だが、一度も出走出来なかった馬にもこれが発生する。

===
以前、トータルで10頭持ったことがあります。最高は準オープンまでいきました。新潟、福島、札幌で人気薄の時ばかり全部で10勝(勝ち馬4頭)しましたが、勝ったレースを生で見たことがありません。勝てない馬、放牧ばかりの馬の時は、お金ばかりかかって辛い思いをしましたね。→競馬ランキング

posted by 新マネー競馬 at 15:22 | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。