[PR]競馬のアレコレが見つかる競馬サーチ.com
[PR]DS専用「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」
[PR]競走馬キャッシュカード!

2007年05月10日

儲けるための★馬券資金の作り方

今やたった100円で1000万円を狙える時代。お金がなくとも3連単で1発!。しかしそう思いきや、なかなかあたらない。偶然上手いこといくかもしれないが、闇雲に穴狙いでは100円馬券の負けも積み重ねで、気がついたら大きく負けていたなんてことになってしまいます。

競馬資金がないから、穴狙いではどうしてもムダ買いが多くなってしまう。そこでひとつ競馬資金を作ってしまおう。馬券の買い方は人それぞれ自由と前々から言っていますが、競馬資金に余裕をもっていれば、ムリ、ムダ買いを減らせるし、ここぞと自信がある時に大きく勝負できます。せっかく当たった10万円万馬券の購入100円もうれしいですが、それを千円、いや1万円買っていたら、、、。

では、ここからが馬券資金の作り方の話です。資金作りで真っ先に思いつくのが「節約」です。この時代、節約を実践している方は非常に多いです。主婦のサイトでも節約のジャンルはすごい人気です。しかしサイトに書かれていないことがひとつあります。それは、収入のある人とそうでない人が同じ節約では、収入のきつい人にはあまり節約のうまみがないことです。同じ取り組みでも、収入のある人は残せるお金が大きくなりますが、収入の少ない人は節約なのか単なるケチなのか分からなくなってしまいます。そこで、会社倒産、転職収入激減の私がやったことを参考なればと思い、紹介したいと思います。

私は数年前、会社が倒産して某銀行のローンの支払いが出来ず、その間、収入もなく大変な時がありました。好きな競馬も馬券が買えず、ただレース見ているだけ(馬券を買っていない競馬は、緊張感が沸いてこなく味気ません)。ローンの未払いは、利息だけでなく延滞金がガッチリ付いてきて、ほんと困ったものです。

(銀行のやつめ、必要の無い時はどんどんカード作ってくれ(借りてくれ)と、協力してやったのに。返済が止まると手のひらを返したような催促です。)

転職して給料が減ったのもあって、節約に励みました。しかし、それでは収入そのものが減っているので、実際残せるお金はたかが知れていました。
そこでです、取組んだのが、節約の上をいく貧乏な生活を実践すること。分かりやすく言うと、トコトンなんでも我慢の生活を意識的にすることです。
遊ぶのも、外食も、何か物を買うこともできるだけやめる。携帯電話は持たない。人との交際は自分から連絡しない、友人と会えば必ずお金を遣うようになります。新聞は取らない。本は買わない。競馬雑誌も勿論買いません。夏はクーラー点けない。タクシーに乗らない。意味のない時の会社同僚の飲み会に出ない。仕事中ひとりで外出なら、お昼はパン1個か、おにぎり1個です。ダイソー(100円SHOP)のワレ煎餅なんてなのもありました(けっこう腹いっぱいになる)。トコトン貧乏実践です。こうして1年で100万円貯めることができました。

貯まったところで、馬券再開です。馬連で買っていた馬券を、レース厳選(社台馬中心に買う)、複勝、ワイド勝負に(時々枠、馬連ありますが)。
馬券資金にいつでも50万円プールしておきます。これだと1万円勝負で負けてもあまりダメージがありません(ワイドでも、どこかでおいしい馬券にありつけますし、コツコツでも儲けられます)。今でも収入はたいして変わらないので、儲けたお金が小遣いです。

まあ、考え方が違えばこんな話ってなことですが、参考になったという人がいれば幸いです。
(馬券が当たらないと、意味がありませんが・・・)

馬券資金づくりのための生活入門は、
年収100万円で楽しく幸せに生活する本


簡単ネットで馬券資金作り
posted by 新マネー競馬 at 18:30 | TrackBack(0) | 馬券資金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

経費節約競馬

「競馬儲かってますか」こう聞かれて、大抵の人は、「馬券はトントンで、新聞代、交通費分入れるとマイナスだけどね・・・」と言うでしょう。実際、こんな会話よく聞きます。要は、解かりやすく言うと「儲かってない」ってことですよね?(たぶん)。

大きく勝つ時も、それは誰にだってありますが、ほとんどの人はトータルでは損していると思います。まあ、競馬は1レース、1レースの勝負だと思っているので、ここでトータルマイナスをどうこう言うつもりはありませんが、お金使うということからすれば、経費を減らせばその分、懐が助かりるのは明確なわけです。

そこで経費を減らす最初の取り組みが、予想を専門紙からスポーツ新聞に変えること。スポーツ新聞は、専門紙よりもコメントや予想解説の情報量が少ないですが、的中率や回収率で見ればは専門紙にヒケを取っていません。それに、専門紙よりも成績のいい予想記者もいます。

スポーツ新聞で予想する。これだけでも年間にして、けっこうなお金を残すことができます。

(実際に残せる額でどうこう言いっこなしですよw)
posted by 新マネー競馬 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券資金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

打倒、節約主婦

昨今の不景気で、節約がはやっている。
ブログ、HPでも節約サイトは大人気。
出版社も節約物を出せば売れるから、毎月何かしら節約雑誌(本も)が新刊されている。

丸山晴美のラクして貯める節約生活―節約プリンセス
の著者で、節約のカリスマ、丸山晴美さんが唱える、
「節約とはケチではなくて、賢く楽しく暮らすこと」

私は節約は悪くないと思うが、
はっきり言って、
「節約とはケチではなくて、賢く楽しく暮らすこと」は偽善だと思っています。

確かに、ムダを省く意味では節約の意識もなくては困るが、ケチにならなくてそれでお金が貯まるでしょうか。


私が競馬資金を貯められたのは、これこそケチに徹したからです。節約なんていう、ゆるい気持ちではお金は貯まらなかったでしょう。(男の感覚と女の感覚では一致しないところもありますが)

電気をマメに消す、水道を出したままにしないだけでは、お金は貯まらない。なにも、歯を磨くのに強烈に水を出すなどというムダなことは、へそ曲がりの人以外はやらないでしょう。

いろんなところで書かれている(たいてい同じことを言っている)、節約ノウハウはムダを省く上でやった方がいいというだけで、それだけではお金は貯まりません。
高収入の家庭なら節約効果の額も大きいでしょうが、一般の収入では期待できる額は小さいです。


それなら、いっそのこと稼ぐことを主観にした方がいいです。
節約がダメというのではありません、ケチに徹して初めてお金が貯められるのです。(自分流の「いきなり!黄金伝説」を実践)

出版社の思惑もあっての中、本が売れて儲かるのははっきり言って著者だけです。
そして、著者に感化されて、アフィリエイトよろしく、真似っこ節約ブログ、HPで儲けようなんていうのもたかが知れています。
(儲けられるのはほんのひとにぎり)


そして、節約ブームの中、本が売れて儲かった著者(丸山晴美)は、
次は、
外で働くことだけがお金を増やす道ではありません!
株の本まで出した。


私は思います。株をやる資金を著者は得たかもしれないが、
一般投資家ブームであっても、いったい主婦の何割の人が株をできるだろうか?


はっきり言おう
たいていは、外で働いた方が金になる

そして、クソ暑い中、外で働いている競馬ファンのサラリーマンのみなさん!
上手に馬券で増やして、楽しく賢く暮らそうではありませんか(笑)

そして、そして馬券で儲けて、
「節約なんてたかが知れてるぜ」と、
節約、節約とうるさい主婦たちを黙らせましょう。(爆)


儲けるための★馬券資金の作り方


追)節約の一番初めにやることは、
節約本なんて買わないこと
図書館に腐るほどあります。
(ちなみに私の住んでいる図書館では100冊くだりません)
新しい本は、たいてい申請すれば入れてくれます。
posted by 新マネー競馬 at 15:30 | TrackBack(1) | 馬券資金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。